最新情報News List

「FC岐阜×長谷虎紡績 羽毛回収プロジェクト」がメディアで紹介されました

2024年6月8日、「FC岐阜×長谷虎紡績」の取り組みで、FC岐阜の試合会場にて、サポーターの方などに呼びかけ不用な羽毛製品回収を行い、弊社も協力企業として参加しました。

 

◇回収実績

羽毛ふとん:2枚

ダウンジャケット:7枚

ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました!

 

◇当日の様子はメディアでも掲載されました!

東海テレビ「すぽると!」(6/8放送):https://youtu.be/AJtc0f3lKZs?si=0SxcGJ9DW3cZBlF0

中日新聞(6/9掲載)

SDGs出前授業を実施しました

2024年6月6日、二見浦小学校(伊勢市)で弊社のSDGs推進室室長の黒田健が講師となり、SDGs出前授業を行いました。

今回は5年生の総合学習で、リサイクルをテーマに学ぶグループの11名の生徒の方がご参加くださいました。

 

◇当日の様子はメディアでも紹介されました!

伊勢新聞(6/8掲載):https://www.isenp.co.jp/2024/06/08/111512/

献血運動を実施しました

2024年5月16日、三重県赤十字血液センターより献血バスを配車していただき、明和本社にて献血運動を実施しました。地域の企業・団体にも呼びかけ、72名の方々にお越しいただきました。

 

◇献血結果

400ml 67名

ご協力いただいた皆様に御礼を申し上げます。

今後も、定期的な実施を予定しておりますのでよろしくお願いいたします。

 

◇メディアにも取り上げられました!

中日新聞(5/18掲載):https://www.chunichi.co.jp/article/900285?rct=mie

伊勢新聞(5/18掲載):https://www.isenp.co.jp/2024/05/18/110430/

三重県に対して「熊野古道の保全と活用」のための寄付を行いました

 

2024年5月9日、三重県庁にて世界遺産「熊野古道の保全と活用」のための寄付贈呈式を行いました。

 

◇寄付金額
40万円

 

◇出席者
三重県知事                一見 勝之 氏
三重県地域連携・交通部 南部地域振興局長 佐波 斉 氏
河田フェザー株式会社 取締役       河田 勝幸
河田フェザー株式会社 SDGs推進室長     黒田 健

 

弊社は、羽毛製品の回収・リサイクルを通じた環境保全活動「UMOUプロジェクト」に取り組んでおり、この寄付は、保有するJクレジットを換金したものです。
今年で世界遺産登録20周年となる熊野古道伊勢路の認知度向上と、機運醸成を目的としたプロモーションに要する経費として活用していただきます。

Jクレジット制度に対する当社のプロジェクトについて

 

◇下記のメディアにも掲載されました!

伊勢新聞(5月10日掲載)https://www.isenp.co.jp/2024/05/10/110014/

 

「車いすde熱田神宮参拝プロジェクト」を開催しました

2024年4月14日、弊社のSDGs推進室が主体となって行う「車いすde熱田神宮参拝プロジェクト」が開催されました。

あいち福祉医療専門学校生や熱田高校生など約90人の学生ボランティアなどが集い、車いす利用者の方々をサポートしながら無事に参拝をすることができました。

◇当日の様子は下記のメディアでもご紹介されました!

・中日新聞(2024年4月16日掲載):https://www.chunichi.co.jp/article/885004

 

 

4月1日、PRTIMESの「April Dream(エイプリルドリーム)」2024に参加しました

PRTIMESによる、4月1日を「April Dreamの日=叶えたい夢を語る日」にしようという取り組みに賛同し、2024年4月1日に弊社の「夢」のプレスリリースを発信しました。

夢の内容は下記よりご覧いただけます。

「不用な羽毛ふとん」を「高品質なリサイクル羽毛」に生まれ変わらせる、創業132年の歴史が生んだ技術力。100年先も良質な羽毛が使える未来にしたい。

UMOUプロジェクト三重の寄付金・感謝状贈呈式を行いました

2024年3月26日、「UMOUプロジェクト」の寄付金および感謝状贈呈式を三重県津市で執り行いました。

寄付金は生活困窮者の生活支援や子育て支援に役立てられます。

また、共同募金会からは、日頃より回収の運搬にご協力いただいている株式会社タナカとヤマニカートン株式会社に感謝状が贈呈されました。

 

◇寄付額:366,720円

◇回収期間:2023年1月〜12月

◇回収した枚数:

羽毛ふとん 1,146枚

ダウンジャケット 486枚

◇参加者

株式会社タナカ 代表取締役 田中俊徳 様

ヤマニカートン株式会社 常務取締役 花岡良治 様

社会福祉法人三重県共同募金会 会長 小笠原まき子 様

河田フェザー株式会社 取締役 河田勝幸(代表取締役 河田敏勝の代理)

ほか

 

当日の様子は下記メディアでも紹介されました!

・三重テレビ放送(3月26日放送):リンクはこちら

・中日新聞 津市民版(3月29日掲載)

当日は前葉津市長とご面談をさせていただき、津市の回収量が県内トップであったことなどの感謝をお伝えしました。

津市とは昨年11月に「羽毛リサイクル推進のためのカーボンニュートラル協定」を締結後、津市内9カ所の総合支所カウンターでも羽毛製品の回収が可能になり、より市民の皆さんにも羽毛製品の持ち込みをしていただきやすい環境になっています。

今後も行政・企業・団体と連携しながら、取り組みの輪を広げてまいります。

 

 

 

繊維ニュースに弊社の記事が掲載されました

2024年3月19日の繊維ニュース「LIVING-BIZ3月号」にて弊社の記事が掲載されました。

記事はこちら(有料会員の方のみ全文ご覧いただけます。)

「TOKYOエシカル」のWebサイトに弊社の記事が掲載されました

TOKYOエシカル」のWebサイトに弊社の記事が掲載されました。
本記事では、ファッションが環境や社会に与える影響などに目を向け、さまざまな企画を展開されている、一般社団法人unisteps共同代表の鎌田安里紗さんをお迎えし、弊社の工場見学やリサイクル羽毛についてのインタビューを行なっていただいております。

ぜひご覧ください!                 

▽記事はこちら

TOKYOエシカルWebサイト:徹底した精製技術で100年使えるリサイクル羽毛を。鎌田安里紗さんと探る、河田フェザーのエシカルな挑戦」

弊社社員のボランティア活動が新聞に掲載されました

2024年3月17日の北陸中日新聞(朝刊)に、弊社SDGs推進室の黒田健が三重のボランティアグループの一員として、石川県珠洲市にて炊き出し支援を行った記事が掲載されております。

衛生面に十分気を付け、赤福ぜんざいや伊勢うどんなどを16日と17日の昼食時にご提供いたしました。

今後も被災地の状況に十分配慮しながら、支援方法を検討してまいります。

被災地の皆さまの安全と、一日も早い復旧、復興を心からお祈り申し上げます。

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム


古物営業法の規定に基づく表示
名称:河田フェザー株式会社
許可公安委員会:三重県公安委員会
許可証番号:第551300184500号