最新情報News List

「UMOU災害支援プロジェクト」志摩キックオフセレモニー

2022年8月26日、志摩市役所にて「UMOU災害支援プロジェクト」のキックオフセレモニーが開催されました。
「UMOU災害支援プロジェクト」は2018年に伊勢市でスタートし、市町としてのスタートは志摩市が2例目となります。
キックオフセレモニーの様子は、松阪ケーブルテレビ「ニュースMCTV」にて8月29・30日、ZTVコミュニティチャンネル「いせトピ」内にて8月31日に放送されます。ぜひご覧ください。

伊勢の地域密着情報誌「イセラ」5月号にKitchen Projectが特集されました

このたび、伊勢の地域密着情報誌「イセラ」5月号にKitchen Projectが特集されました。
「Kitchen Project〜心もおなかもいっぱいになぁれ!〜」ではコロナウイルスの影響により生活が困窮したことで、規則正しい食事を摂ることが難しくなった子どもたちや、ひとり親家庭のため、孤食をしなければならない子どもたちに、お弁当を提供する取組みを行なっております。
弊社もこのプロジェクトに協働することで、子どもたちの孤食防止や食育を支援しております。

 

今後も、未来を担う子どもたちを支えるため、地域一体となって支援を続けてまいります。

環境省「脱炭素経営ハンドブック」に弊社の取組みが掲載されました

このたび、弊社の取組みが、環境省が発行する「中小規模事業者のための脱炭素経営ハンドブック-温室効果ガス削減目標を達成するために-Ver.1.1」(P20-P22)に掲載されました。

かねてより弊社は、環境負荷低減のための取組みとして、熱回収や電力削減、省エネ電気の利用を推進しております。羽毛のリサイクル事業も推進することによって、二酸化炭素の削減につながっています。

今後も自社活動における環境負荷を自覚した上で、長期的な事業継続を見込み、脱炭素社会の実現に向けた取組みを推進してまいります。

 

◇「中小規模事業者のための脱炭素経営ハンドブック-温室効果ガス削減目標を達成するために-Ver.1.1」の概要

中小企業における中長期の削減計画の策定に向け、中小企業が取り組むメリットを紹介するとともに、省エネや再エネの活用や削減対策の計画への取りまとめ等の検討手順を6ステップにより精緻化して整理。中小企業の具体的な取組事例(環境省支援事業参加16社)についても追加掲載。

(参考)環境省HP:https://www.env.go.jp/press/110818.html

Do well by doing good.にて弊社リサイクルダウンが紹介されました

Do well by doing good. のコラム「暮らしサイコウ」(2022年2月22日) にて、
弊社社長がインタビューを受け、弊社のダウンおよびリサイクルダウン、
羽毛製品のお手入れに関する内容が掲載されました。


https://dowellbydoinggood.jp/contents/column/137/

『繊維ニュース(1/31)』に弊社の記事が掲載されました

2022年1月、弊社は「三重県SDGs推進パートナー(第1期)」として登録されました。
『繊維ニュース(1/31)』に掲載されましたので、お知らせいたします。

弊社は、かねてよりSDGs推進室を設置し、羽毛のリサイクル事業やエネルギー効率の改善を始めとする脱炭素社会ヘ向けた取組(SBT及び再エネ100宣言RE Action)、「OBENTO PROJECT 明和」「Kitchen Project 伊勢」による社会貢献活動の支援、SDGs勉強会の実施、海岸清掃(ブルーサンタプロジェクト)など、様々な分野でSDGsゴールの実現に向けた活動を展開しております。

今後もより一層、地域社会とともにSDGsの達成に貢献すべく活動を続けてまいります。

「Goldwinが考える“100年素材”ダウンの未来。」にて、当社の羽毛が紹介されました

この度、「Goldwinが考える“100年素材”ダウンの未来。」にて、
当社の羽毛が紹介されましたので、お知らせいたします。

Goldwin様のウェブサイトおよび “Papersky”にて公開されて
おりますので、ぜひご覧ください。

<Goldwin WEB>
JP Site: https://www.goldwin.co.jp/goldwin/editorial/down-recycling/
Global Site: https://www.goldwin-sports.com/us/editorial/down-recycling/

<Papersky>
JP:https://papersky.jp/goldwin-reusable-high-quality-down/
EN:https://papersky.jp/en/goldwin-reusable-high-quality-down/

Full Movie (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=8k_I3IehtTw

『寝具新聞(12/15)』に弊社の記事が掲載されました

2021年11月、弊社は「再エネ100宣言 RE Action」に参加し、『寝具新聞(12/15)』に掲載されましたので、お知らせいたします。

弊社は、かねてより脱炭素への取り組みをすすめてまいりましたが、2022年より、本社・明和工場における電力を再エネエルギー100%に切り替え予定となり、このたび「再エネ100宣言 RE Action」に参加することといたしました。

これからも、世界最高品質の羽毛を通して環境貢献を進めていく羽毛のマーケットリーダーとして取り組みを継続してまいります。

 

株式会社伝七ステーション様から取材がありました (放送日:1月6日)

令和3年12月14日、三重県四日市市にある国の登録有形文化財「伝七邸」からお届けする、地域・教育・文化芸術・音楽情報を世界に向けて発信するWeb媒体を主体とした情報ステーション株式会社伝七ステーション様が取材のために来社しました。

弊社の洗浄技術や品質へのこだわり、そして取り組んでいる羽毛のリサイクル(グリーンダウン)を中心として撮影と取材が行われました。

【放送情報】
放送先リンク:https://www.den7st.net
放送日: 1月6日(木)

ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

『中日新聞(11/25)』に弊社の記事が掲載されました

2021年11月22日、弊社は明和町社会福祉協議会が運営する「OBENTO PROJECT (お弁当プロジェクト)」の寄付贈呈式に参加いたしました。その際の記事が、『中日新聞 松阪紀勢版 (11/25)』に掲載されましたので、お知らせいたします。

「OBENTO PROJECT (お弁当プロジェクト)」とは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、生活が困窮し規則正しい食事を摂ることが難しくなった子どもたちへ、お弁当を提供するプロジェクトです。

プロダクト・ファッション・マガジン「PRODISM」に掲載されました

2022年1月号の「PRODISM」(2021年11月24日発売)に弊社が掲載されました。
THE NORTH FACE様の特集の中で、リサイクルダウンについての紹介とともに
弊社工場内の写真を6ページにわたり、フルカラーで掲載されております。

ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

★PRODISM とは
編集者がセレクトショップのバイヤーのような“目利き”によって商品を紹介する、
まるごと一冊プロダクトだけの誌面を実現しているファッションマガジンです。
「プロダクト至上主義」であり、プロダクト独自のこだわりを徹底検証されています。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム


羽毛ふとん回収・リサイクル ご相談 
tel 052-700-5530
羽毛ふとんリフォーム ご相談 
tel 052-720-2626
リフォームの詳細ご依頼は下記リンクから:
Kawada Online Shop:https://kawada.shop/reform-2/
ご返答は平日9時から17時までに担当者より回答させて頂きます

古物営業法の規定に基づく表示
名称:河田フェザー株式会社
許可公安委員会:三重県公安委員会
許可証番号:第551300184500号