会社案内沿革

沿革

創成期 ~羽毛商として創業~

明治24(1891)年に初代、河田寅吉が羽毛商として創業したのが始まりです。明治38(1905)年には河田安吉が事業を継承し、昭和19(1944)年に河田準一郎が責任者となります。昭和20(1945)年、第二次世界大戦の戦況悪化に伴い、事業を中断。岐阜県の高山に疎開し、翌年3月には事業を再開します。
昭和24(1949)年には名古屋市へ移転し、3年後の昭和27(1952)年、河田和成が責任者になりました。

 

設立期 ~国内に羽根製品を広める~


破魔矢に使う羽根の洗浄加工は現在も請け負っています。今では日本人に親しみの深いものですが、一般的になったのは昭和40年代以降です。
和成は昭和38(1963)年に法人に改組、代表取締役となります。
昭和30年代はアメリカ向けに帽子の羽根飾りの生産、自動車を清掃するときに使う「毛ばたき」の生産、東京タワーの土産の「羽根つきペン」などヒット商品を手がけました。日劇や宝塚の舞台衣装やダンス衣装などに使う羽根や装飾羽根も請け負っていました。羽根の装飾品「マラボー」も扱い、成人式の振袖のショールとして多くの注文を受けました。
今では一般に知られるようになった神社の破魔矢の生産を始めたのも昭和40年代後半です。破魔矢に使う羽根の生産は現在も請け負っています。

 

成長期 ~ダウンブームの到来~

昭和45(1970)年以降、和成がアメリカで仕入れてきたダウン(羽毛)の情報がきっかけで、昭和52(1977)年、羽毛原料の処理作業とダウンジャケットの生産を始めました。2年後にはダウンジャケットブームが到来し、大量のダウンジャケットを生産、同時期に羽毛ふとんの生産も開始しました。

ダウンジャケットのブームは5~6年でピークを迎え、昭和61(1986)年には羽毛ふとんの生産が大きく伸び始めました。

決断期 ~愛知県から三重県へ移転~

羽毛の精製と羽毛ふとんの生産で名古屋市内にあった3箇所の工場はフル稼働していました。次の時代を見据えた工場を建設するため、生産体制の強化と羽毛精製に適した場所を探して、昭和62(1987)年、現在の場所(三重県明和町)に新工場の建設準備を始めました。
和成は長男の敏勝を精製機械設計など明和工場の建設責任者としました。敏勝は羽毛の特徴や構造を理解し、独自の理論に基づいた機械を設計。世界でもトップクラスの除塵、洗浄力を誇る羽毛精製機械を作りました。 平成2(1990)年、会社創業100年の節目に待望の明和工場が完成しました。

 

成熟期 ~羽毛精製に適した場所で~

明和工場で精製した羽毛は、従業員が驚くほどキレイな品質でした。名古屋市と明和町の両方の工場を稼働させる予定でしたが、品質を見る限り、すべての精製工程を明和工場でおこなうことを決めました。
新工場の稼動から1年後に2号ライン、平成11(1999)年に3号ラインを増設。現在も機械の改良や工場のオートメーション化などを進めています。
一方、羽毛ふとんは名古屋市の工場で生産していました。平成3(1991)年、明和工場に自動羽詰機を新設し、明和工場で羽毛ふとんの生産が可能になりました。その後、機械を増やし、独自の改良を加えた全自動羽詰機7台が明和工場で稼働しています。
平成19(2007)年5月、和成が取締役会長、敏勝が代表取締役に就任しました。平成23(2011)年、明和工場に機能を集約し、現在に至ります。

年表

1891年初代河田寅吉が東京都内に於いて羽毛商を始める
1905年河田安吉が事業継承
1944年2月河田準一郎が責任者となる
1945年3月戦災により事業中断
1946年3月岐阜県高山市で事業再開
1949年10月名古屋市へ移転
1952年5月河田準一郎、名古屋より東京進出の為分離、河田和成が名古屋責任者となる
1963年7月法人に改組、河田和成代表取締役となる
1977年4月本社を名古屋市中村区本陣通6丁目23番地に移転、原料処理作業を始める
1977年5月日本国内で最初のスキー、タウンユースダウンウェア生産開始
1979年5月羽毛ふとんの生産を甚目寺工場にて開始
ふとん生産量100枚/8時間
第1次ダウンジャケットブームスタートに伴い、ダウンウェアの大量生産開始
1982年6月本社を名古屋市中村区並木1丁目267番地に移転、本社社屋及び精毛処理工場を新築
旧本社の本陣工場にてダウンケットの生産開始
ダウンケット生産量 500枚/8時間
1984年ふとん、ダウンケット生産を甚目寺工場に集約
ふとん生産量最大 300枚/8時間
1985年1月ドイツのハイムテキスタイルに出展
1985年ふとん生産工場を名古屋市中村区並木1丁目204番地に移転(並木第二工場)
ふとん生産量 300枚/8時間
1986年7月名古屋市港区内に流通センター新築
1987年明和工場建設準備開始
1990年1月河田フェザー創業100年
三重県多気郡明和町に明和工場新築
1990年3月世界最大の全自動精毛処理1号ライン稼働
汚れ、アカ、ホコリの極小化により品質が大幅に向上
最大生産量 900kg/8時間
1991年2月中国江蘇省太倉市で合弁企業 蘇州河太羽絨制品有限公司設立稼動
1991年6月明和工場 自動羽詰機2機新設
ふとん生産開始 最大生産量 250枚/8時間
1991年8月明和工場 全自動精毛処理2号ライン増設
最大生産量 3,600kg/16時間(2交代)×2ライン
1992年8月明和工場 全自動精毛処理ラインの無人化(除塵・洗浄・乾燥)により24時間稼動
最大生産量 4,500kg
1993年6月明和工場 羽毛羽詰機1機増設
ふとん最大生産量 360枚/8時間
1994年6月明和工場 羽毛羽詰機1機増設
ふとん最大生産量 470枚/8時間
1994年7月明和工場 増築
1994年8月明和工場 全自動精毛処理ラインの完全無人化(除塵・洗浄・乾 燥・サイロ)24時間稼働
最大生産量 5,400kg
1995年6月名古屋第二工場 自動羽詰機2機設置
ふとん最大生産量 450枚/8時間
1996年6月明和工場 自動羽詰機3機新設、自動羽毛供給機5機新設
ふとん最大生産量 600枚/8時間
1997年1月 合弁企業解消し、独資企業蘇州河田羽絨制品有限公司設立稼動
1997年6月明和工場 羽毛布団自動検針タタミライン新設 エアー・検針効率化
1997年10月明和工場 自動羽詰機1機増設
ふとん最大生産量 700枚/8時間
1999年3月蘇州河田羽絨制品有限公司本社工場完成稼動
1999年5月明和工場 全自動精毛処理3号ライン(完全無人化)増設
最大生産量 8,100kg 24時間稼働
1999年9月明和工場 自動羽詰機1機増設、自動羽毛供給機4機増設
ふとん最大生産量 800枚/8時間
2000年1月明和工場 ISO9002 認証取得
2001年7月明和工場 ISO14001認証取得
2001年12月蘇州河田工場増設、ISO9001認証取得
2002年5月明和工場 側入出庫用自動倉庫(ファインストッカー)新設
2003年7月明和工場 ISO9001に認証範囲を拡大
2004年8月明和工場 完全自動羽詰機1セットver.1新設
充填能力80%UP充填機新設
ふとん最大生産量 1,000枚/8時間
2005年9月明和工場 完全自動羽詰機1セットver.2増設
ふとん最大生産量 1,200枚/8時間
2006年6月明和工場 完全自動羽詰機2セットver.3増設、自動羽詰機1機増設
ふとん最大生産量 1,500枚/8時間
2007年3月河田寝装株式会社設立稼働
2007年5月河田和成が取締役会長に、 河田敏勝が代表取締役就任
2007年6月明和工場 完全自動羽詰機2セットver.4増設
ふとん最大生産量 1,800枚/8時間
2009年7月アパレル部門、藤前流通センターをISO9001に拡大登録
2010年9月明和工場 OHSAS18001認証取得
2010年11月株式会社DMS設立、河田フェザー販売株式会社設立
2010年12月アパレル部門閉鎖、河田アパレル株式会社を明和町へ移転
2011年5月本社を草薙町1丁目31番地へ移転、機能を明和工場に集約
2011年11月明和工場 完全自動羽詰機2セットver.5増設
ふとん最大生産量 2,000枚/8時間
2012年3月河田ホールディングス株式会社設立稼働
2012年8月株式会社DMS稼働、河田フェザー販売株式会社稼働
2012年9月カワダトレーディング株式会社設立
2013年7月河田フェザー株式会社と株式会社カワダ合併
2014年4月トレーサビリティシステム DOWN PASS(Traumpass Fashion)認証取得
2015年2月トレーサビリティシステム EDFA 認証取得
2016年8月 J∞QUALITY 企業認証取得(日本ファッション産業協議会)
2017年7月 羽毛ふとんリフォーム認定工場登録(日本羽毛製品協同組合)

認証取得

2000年1月 ISO9002 認証取得
2001年7月 IS014001 認証取得
2003年7月 ISO9001 認証範囲拡大
2009年7月 ISO9001 認証取得(藤前流通センター/名古屋市)
2010年9月 OHSAS18001 認証取得
2014年4月 DOWN PASS 認証取得
2015年2月 EDFA トレーサビリティシステム認証取得
2016年8月 「J∞QUALITY」の企業認証取得
2017年7月 羽毛ふとんリフォーム認定工場登録

お問い合わせ

河田フェザー株式会社
〒515-0303
三重県多気郡明和町大字山大淀3255番地 
TEL : 0596-55-2431 / FAX : 0596-55-4156
infokawada.net

お問い合わせフォーム