GreenDown Cycle System|羽毛布団・羽毛製品の河田フェザー株式会社

羽毛リサイクル取り組みの目的
GreenDown Cycle Systemとは
世界的に羽毛の需給バランスを正常に保ち安定供給を図るため、これまで国内では使い捨てにされていた羽毛の循環サイクルシステムの構築が必須となっています。

羽毛ふとんやダウンジャケットなど使わなくなった羽毛製品を回収し、高度な羽毛再生技術により再生されたリサイクル羽毛「Green Down」を使用した羽毛製品を製造、販売することで、高機能天然素材である羽毛を循環させることができます。

一般社団法人Green Down Projectは、羽毛という自然が生み出した素材が再利用に適した循環資源であり、リサイクル羽毛「Green Down」は清潔で安心して使用できるものであるということ、「羽毛はリサイクルできる」ということを社会に知ってもらうという主旨で2015年4月3日に発足しました。

会員は国内の寝具メーカーやアパレルメーカーなど20以上の賛同企業・団体から成り、河田フェザーもこのプロジェクトに参加しています。

元々、羽毛は食用肉獲得の副産物として採取されたものであり、水鳥が使ったリサイクル品です。 ただの「リユース」ではなく、とことんまできれいに洗浄・回復させることにより、「リサイクル」のレベルまで品質を向上させ、羽毛の未来をつなげていきます。
リサイクルのプロセス
GreenDown Cycle Systemとは
国内最大手の羽毛加工業である河田フェザーでは、回収した羽毛製品から羽毛を取り出して洗浄回復する工程を担います。
回収した羽毛は、河田フェザーの工場内で洗浄回復、乾燥、選別などの工程を経て生まれ変わります。
他にはない知識と経験に基づく独自技術により選別再生加工された羽毛は、品質基準を設けていますので安心して使うことができます。
【グリーンダウンプロジェクトが定めたGreen Down品質基準】
 ①羽毛清浄度検査
  Green Downは2000mm以上(ダウン率80%以上の場合)
 ②安全性
  エコテックス100規格の認定取得済み

Green Down Project参加企業・団体数24(2016年1月1日時点)

株式会社アーバンリサーチ(アーバンリサーチドアーズ)
有限会社エコランド
河田アパレル株式会社
河田フェザー株式会社
河田フェザー販売株式会社
株式会社京都西川
株式会社三陽商会
株式会社スマイルズ(PASS THE BATON)
中部リサイクル運動市民の会
株式会社グリーンアップル

【Green Down Project】http://www.gdp.or.jp
東レインターナショナル株式会社
豊島株式会社
株式会社ナンガ
西川リビング株式会社
株式会社パブリックスペース
HUALI Japan株式会社(HUALI)
山一株式会社
株式会社ユナイテッドアローズ
(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
ユニー株式会社  など