現在、羽毛はどうやって供給されているのか?

2014年5月29日

羽毛は食肉の副産物

羽毛は基本的に水鳥の食肉の副産物で、世界の食生活に大きく影響されます。食生活は食習慣、文化、経済、天候など様々な要因に左右されます。

例えば、フランスでは水鳥の食肉の飼育日数は味によってコントロールされています。

肉がおいしくて、消費が増えて屠殺が増えれば、飼育日数が短いものも市場に出回り始めます。しかし、飼育日数が短い肉は美味しくないので消費量が落ち、屠殺量が減ります。そして、飼育日数がまた長くなり、消費が増える。そうして、飼育日数のバランスを取っていました。食肉用に飼育された水鳥は屠殺場で屠殺され、機械により羽を取り除き、食肉として加工されます。出て来た羽毛を回収して乾燥し、ダウンだけ選別したものが私たち河田フェザーに来ます。